トップ| 概要 | 目的 | トピックス | アーカイブ 今週のはやぶさ君Up!  English

Top

 

 

はやぶさは,3月27日に,昨年春からの第2期の軌道制御を終了しました.
3月31 日に得られた軌道の推定値によれば,ほぼ計画された目標点を通過する軌道に到達した
ことが確認されました.BR-BT 図で見るように,計画通りに目標点を捉え ていることがわかります.
慣性系での図では,目標軌道よりも鋭く曲がる軌道となっているように見えますが,これは,
到達点との間になお誤差が残っていることを示しています.
昨年11月から採った新たなイオンエンジンの運転形態では,どうしても直接には監視・管理できない
情報があって,このために実際の推力の大きさに誤差が出てしまいます.
図でみるようにスウィングバイは非常に大きな感度をもっているわけです.
われわれもよく多用する手法ですが,大きな軌道制御能力をもつ反面,非常に正確な誘導技術を
必要とします.
これから6月までの間に,さらに数回にわたって軌道の微調整を行っていきますが,
NASA 深宇宙局網の支援も得て,軌道修正中は,実時間での常時監視を行って,この誤差を
把握し,精密に誘導していく計画です.

 

Fig.1:このまま、その時点から弾道飛行した場合の地球との最接近距離

Fig.2:紙面は、おおまかには、水平線が赤道面で、左手が太陽方向の赤道面鉛直面。 
Fig.1と同様に、その時点から弾道飛行した場合の地球と最接近通過点

Fig.3:地球を原点として、その時点から弾道飛行した場合の、地球に相対的な飛行軌跡、
紙面が黄道面。

(注)Fig.1の日時は、弾道飛行に移る時点を示すもので、実際の地球帰還日ではありません。






 

 

 
 
【重要】ウェブ上データの利用方針について | お問合わせ